京都市北区の歯医者「まつもと歯科クリニック」

京都市北区の歯医者「まつもと歯科クリニック」

自分の歯のように咬みたい~インプラント~

失った歯の機能と見た目を取り戻したいなら~インプラント~

虫歯や歯周病、事故による打撲などで、大切な歯を失ってしまうことがあります。歯が抜けてしまったら、すぐに抜けた歯の機能を補う治療を受けましょう。そのまま放置してしまうと隣の歯が倒れて傾いたり、咬み合っている歯が飛び出たりして全体の歯並びが乱れる原因となります。

今まで失った歯の機能を補う治療のことを補綴(ほてつ)治療といいますが、補綴治療といえば、これまでは入れ歯やブリッジが主流でした。しかし、入れ歯には「しっかり咬めない」、ブリッジは「他の歯に負担をかけてしまう」といったデメリットがあります。そこでおすすめなのが、インプラント治療です。京都市北区の歯医者「まつもと歯科クリニック」では、臨床経験豊富な院長が最新の設備を用いてインプラント治療を行っています。

インプラント治療とは

インプラント治療は、インプラント(人工歯根)を外科手術によって顎の骨に埋め込み、そこにセラミックの人工歯を被せる治療法です。インプラントは生体親和性の高いチタンでできているので顎の骨にしっかり結合します。自分の歯のような咬む力と咬み心地、そして自然な見た目が手に入ると評判で、近年は「入れ歯が合わないのがイヤ」といったお悩みを持つ方からも多く選ばれています。

インプラント治療のメリット

インプラント治療には外科手術が必要ですが、他の補綴治療にはないメリットがいくつもあります。

インプラントならではのメリット
天然歯に近い咬み心地 自分の歯と同じように顎の骨にしっかりと固定されているため、咬んだときの違和感がなく、食事をおいしく楽しめます。
他の歯に負担をかけない 周囲の歯を支えにしないため健康な歯に負担をかけず、長持ちさせることができます。
骨が痩せにくい 歯から伝わる力がなくなると、顎の骨が痩せてしまいます。インプラント治療では咬む力がこれまで通り伝わるため、入れ歯やブリッジに比べて骨が痩せません。
美しく自然な見た目 人工歯にセラミック素材を用いることで、天然歯と変わらない、美しく自然な見た目が手に入ります。治療したことがわからず、笑顔に自信を持てるようになるでしょう。
脳の活性化 しっかりと咬むことで刺激と血液がいきわたり、脳を活性化させることができます。また最近の研究結果では、認知症の予防も期待できるといわれています。
入れ歯との比較

入れ歯は治療がかんたんで患者様の負担が少なく、あらゆる症例に適用できます。保険適用の材料を使えば治療費を安く抑えられるというのも特長です。しかし固定式ではないため、つけたときや咬んだときに違和感を覚えやすいというデメリットがあります。バネで固定する部分入れ歯は隣の歯に負担をかけ、見た目も不自然。使っているうちに合わなくなることもあります。

インプラント治療は自費治療なので治療費は高額になりますが、天然歯に近い自然な咬み心地としっかり咬める力が手に入ります。見た目も自然。適切なメインテナンスを続ければ、長く使用することができます。

ブリッジとの比較

ブリッジは失った歯の両脇の歯を削って支えとし、連続した人工歯冠を被せて固定する治療法です。使用する素材や場所によっては保険が適用されます。インプラント同様に固定式なので違和感はあまりありませんが、支えとする健康な歯を削らなくてはいけないため、将来的にその歯を失ってしまう可能性が高まります。また、歯を失った部分の骨には咬む力が伝わらなくなるので、徐々に骨が痩せていきます。

インプラントは歯を失った部分の顎の骨に直接埋め込むため、他の歯を支えにする必要がなく、健康な歯に負担をかけません。また、自分の歯と同様に顎の骨に咬む力が伝わるので、骨が痩せるのを防げます。

まつもと歯科クリニックのインプラント治療

京都市北区の歯医者「まつもと歯科クリニック」の院長は、インプラント治療の臨床経験が豊富。高度な治療技術とCTスキャンやサージカルガイド(インプラント埋入のためのドリルを正確な位置に導く医療器具)といった最新の設備を駆使して、正確な治療を行います。

麻酔で治療時の負担を減らす

患者様の不安を解消するため、「静脈内鎮静法(鎮痛剤や向精神薬を静脈に注入)」を採用。通常の局所麻酔を注射する前に使用することで、精神の緊張状態を和らげます。全身麻酔に比べて安全性が高いので、治療時の負担を減らす効果も期待できます。

抜歯即時埋入

通常のインプラント治療では、抜歯後に傷口の回復を待って、3~6ヶ月後に埋入します。しかし一定の条件を満たせば、抜歯と同日に埋入を行うことができ、さらに条件にあてはまれば仮歯をつけることも可能です。歯のない期間がありません。

フラップレス手術

通常のインプラント治療では、歯ぐきを切開して顎の骨を露出させてから穴をあけていきますが、フラップレス手術では歯ぐきを切開せず、小さな穴をあけてインプラントを埋め込みます。切開しないので歯ぐきの治癒を待つ期間が不要で、治療期間が短くなるのが特長です。

ソケットリフト

顎の骨にインプラントを埋入できるだけのボリュームが足りない場合に行う、補助的治療です。歯を失った箇所の、空洞となっている部分に代用骨となる材料を入れ、骨量を確保した上でインプラントを埋入します。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントを土台とし、そこに入れ歯を固定する治療法です。通常の入れ歯は周辺の歯や粘膜で支えますが、それに比べると安定性がよくなり、粘膜にあまり負担がかかりません。咬み心地がよくなるとことが最大のメリットです。

院長のワンポイントアドバイス

インプラント治療は、自分の歯と同じような咬み心地と自然で美しい見た目が手に入る治療法です。他の補綴治療にはない魅力を、たくさん持っています。

インプラント治療後は、入れ歯のように特別なケアは必要ありません。自分の歯と同じように毎日丁寧にブラッシングし、プラーク(歯垢)を取りのぞきましょう。ただし、メインテナンスを怠ると、せっかく入れたインプラントを失ってしまうかもしれません。インプラントを長く快適に使うためには、適切なセルフケアと歯科医院での定期検診やクリーニングを続けることが大切です。

インプラントを長く快適に使うには、メインテナンスが大切です。京都市北区の歯医者「まつもと歯科クリニック」の予防歯科はこちら

医院情報
住所
〒603-8235
京都府京都市北区紫野下御輿町23-2
OPEN. 09:00-13:00/15:00-19:30
CLOSE. 土曜の午後、日曜、祝日
地図をアプリで確認する