京都市北区の歯医者「まつもと歯科クリニック」

京都市北区の歯医者「まつもと歯科クリニック」

重度の虫歯~根管治療~

重度の虫歯でも歯を失わないために~根管治療~

歯の根の中には、神経や血管が入った「根管(こんかん)」という細い管が通っています。重度の虫歯になるとこの根管内に細菌が侵入して炎症を起こすため、激しい痛みが生じ、そのままだと歯を抜かなくてはならなくなります。そこで行うのが「根管治療」。根管治療は、重度の虫歯でも歯を抜かずに残す(歯根を残す)ための治療です。

根管は複雑な構造で、肉眼で確かめることができないほど細かいので、高度な治療技術が必要になります。さらにうまくいかなかった場合は歯根の先に膿が溜まってしまうことがあり、そうなると根管治療を一からやり直さなくてはいけません。家を建てる場合でも土台をしっかり構築することで、より丈夫な家を建てることができます。歯も同様に正確な根管治療で、大切な歯を抜かずに残しましょう。

根管治療の種類

根管治療にはいくつかの段階があり、患者様の状態によって治療方法を使いわけます。

1.抜髄(ばつずい)治療

虫歯による炎症や事故による打撲などで神経が死んでしまった場合に行います。根管内の神経や血管を抜き取り、根管内をきれいに洗浄して消毒。すき間ができないよう薬剤を詰め、歯の機能回復をはかります。

2.感染根管治療

以前に受けた根管治療が不完全だったなどの理由で歯根に再び炎症が起きたり、顎の骨に異常が起きたりした場合に行う治療です。根尖病巣(歯の根の先に膿が溜まった袋)ができている場合は、すみやかに適切な治療を行わなくてはいけません。再治療の場合はまず以前の治療で詰めた薬剤を取りのぞく処置が必要なため、通常の根管治療よりも難易度が上がります。

3.外科的根管治療

感染根管治療をしても根尖病巣が小さくならなかった場合は、根尖病巣を直接取りのぞく外科手術を行います。病巣除去後は根尖や根管をすき間なく充填して被せもので密封します。

根管治療の流れ

1.神経の除去
根管から虫歯菌に冒されて炎症を起こした、歯の神経や血管を取りのぞきます。
2.根管の長さ測定
専用の器具で、根管の長さを測定します。
3.洗浄
根管の中をきれいに洗浄します。
4.充填
すき間ができないよう、先端まで丁寧に薬剤を詰め、密封します。
5.土台構築
クラウン(被せもの)を支えるための土台(コア)を入れます。
6.クラウンの装着
土台にクラウンを被せたら、治療完了です。

治療後の歯を保つためのメインテナンス

根管治療を受けた歯は、神経を取りのぞいているため、健康な歯に比べてもろくなっています。虫歯の再発や歯周病を防ぐため、根管治療後にはメインテナンスが不可欠です。毎日のブラッシングによるセルフケアに加え、歯科医院での定期検診やクリーニングを受け、治療後の歯を守りましょう。

院長のワンポイントアドバイス

重度の虫歯になると、「どうせもう治らないから……」などと投げやりになってしまう方がいらっしゃいます。しかし「歯を1本失う」というのは、お口の中全体の健康を悪化させてしまう大変なことなんです。

1本でも歯が抜けた状態を放置すると、咬み合う歯が飛び出たり隣の歯が傾いたりします。それによって歯並び全体が大きく乱れるため、深刻な虫歯や歯周病を引き起こし、やがてすべての歯を失ってしまう可能性もあるのです。根管治療で歯を残し、そのような事態を防ぐことが大切。根管治療は複雑な治療なので時間がかかりますが、私たちと一緒に根気よく治していきましょう。

虫歯は進行する前の予防が大切です京都市北区の歯医者「まつもと歯科クリニック」の予防歯科はこちら

医院情報
住所
〒603-8235
京都府京都市北区紫野下御輿町23-2
OPEN. 09:00-13:00/15:00-19:30
CLOSE. 土曜の午後、日曜、祝日
地図をアプリで確認する